【成礼心館】 女性が教える こども剣道教室(豊田市) | 幼児・小学生・中学生まで

愛知県豊田市のこども剣道教室「成礼心館」のブログです。
前山小学校体育館で毎週日曜と金曜に行っています。
 日曜日 18時~20時30分
 金曜日 19時~20時30分
お問い合わせは
09018334669
571457au@gmail.com
代表 田之上 ゆり子まで

剣道六段 練士
居合道四段

社会体育指導員取得
愛知県剣道連盟登録
西三河剣道連盟登録
豊田市剣道連盟登録

2018年11月19日 22:52  カテゴリ:教室日記

幼児期 小学生「剣道を学ぶメリット」とは?

成礼心館の田之上です。


いつも考えてる事ですが、今日はこどもの内に剣道を習うメリットを書いてみたいと思います。


幼年期 小学生低学年では自分から進んで決める事は

なかなかありません。


だいたい保護者の方が「武道である剣道を習わせたい」と、連れて来られる事が多いです。


殆どの保護者の方が願ってる事とは、



何だとお思いですか?(^.^)


1番 精神的に強くなって欲しい

2番 武道で礼儀を学んで欲しい

3番 健康的な体になって欲しい





私の経験上ではこの3つが上げられますね。


私しも何年か前は(^^; 小学生剣士を持つ親として


親子共々剣道三昧の生活しており


この3つの願いプラス゛試合で勝てる事"゛優勝〝

する事が入っておりました。

「明確な目標」 ですね.。o○


本題に入ります。


<b>「こどもの内から剣道を習うメリット」


1 武道の礼儀作法が身に付き、精神的身体的に健康的な体になる。
 
 礼儀作法 立ち方 座り方 礼法 所作法
 武道精神を養い、
 大きな声を出して、気合いを出す、素足で足さばき
 足裏足指を刺激され健康的です。
 今の住宅は洋風が多く、正座をとる事が少なくなった 様に感じます。

 




他にもまだあります。(^.^)

ホームページ「剣道のメリット」をご覧下さい。


続きは一つ一つ書いていきますね。(^_^)


読んで下さってありがとうございました。





  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年11月18日 23:43  カテゴリ:教室日記

クリスマス運動会

今年年末は、こども達に喜んでもらう為に、「何かやろう」とお母さん達が色々考えてくれました(^.^)


私一人の考えでは何も浮かびません(>_<)

若いお母さん達のアイディアを借りていい案が出ました。


◆面つけ競争 ◆手拭い帽子競争力 ◆礼法競争
◆新聞切り競争 ◆ボイス競争



私は新聞切りを提案 (^.^)


真っ直ぐ切り込むのですが、コツをつかめば小さい子でもできます。


まだまたアイディア出そう(^.^)


こども達も私もワクワクです。.。o○


年末が楽しみ ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆





  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年11月16日 00:22  カテゴリ:教室日記

剣道昇段審査会

ご存知と思いますが、剣道は昇級昇段審査会があり


   8級~1級   初段~八段


1級取得後、満13才で初段を受ける事ができます。


中学1年で初段を取得する事ができるのです。


合格すれば1年の修練を経て二段を受審でき

二段に合格すれば2年の修練を経て三段を受診できます。


有段者となれば、

.進学・就職にも有利 (*^^*)
段位を取得すれば、内申書や履歴書に記載できるので、有利に働くこともあるようです。


成礼心のこども達も有段者となり次は2段にチャレンジ!

お父さん剣士は三段をチャレンジします。(^.^)


こども~大人まで 老若男女問わず


誰でも平等にできる武道です。


私しはこんな素晴らしい剣道(武道)を(^.^)


皆に伝えたい


毎日 こんな事考えて過ごしてます。


昇段審査全員合格するぞ〰️ ∠※。.:*:・'°☆






  
  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年11月14日 23:51  カテゴリ:教室日記

団旗2

7月から書き始めて4ヵ月です。(^^;


忙しい中10日に1回ペースで指導の元で書いてますが


なかなか 上手くいきません (>_<)


習字は小学生時代にやったきり



団旗を自分の手で書く!


そう決めたので、やり遂げます。


半紙が残り20枚です (^^;


残り全部書いてその中から選ぶ事にします。


最後まで諦めない


頑張ります ※。.:*:・'°☆



先生の見本


 
今日の作品



お恥ずかしい字ですが
これが精一杯(^-^;
最後の゛はね〝がまだまだ甘い
迫力ある「成禮心」にしたいところ(^^;
最後まで諦めません!
  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年11月09日 22:35  カテゴリ:教室日記

袴姿デビュー

今日は全員出席です。(^_^)


私しは初心者組担当です。(^.^)

初心者組も頑張ってます。


9月に入部した年中さん .。o○


とっても男らしいよ (^.^)


幼少時期は今だけです


成長は早く過ぎ去ります。


幼少剣士! 


未来の剣士! 


がんばれ〰️ー ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆




  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年11月05日 22:20  カテゴリ:教室日記

道場連盟錬成会

11月4日 昨日は志段見スポーツランドで錬成会でした。


成礼心から4名の参加です。


朝 6時40分出発 (^_^)


ちょっと早すぎましたが、こども達はこのペースに慣れ


眠たそ〰️うな顔だったけど、


到着してから覚醒早く、準備とウォーミングアップ


を皆で揃ってやれたのです (^.^)


ウンウン その調子!(*^^*)


練習試合はたくさんやらせてもらいました。(^.^)


なかなか 勝てませんが


でも、きっといつか実力に変わる


実りになる為の種まきです。(^.^)


私し始め父兄さんの応援が肥やしです。゜


早く実れ! 成礼心! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆












  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(2)

2018年10月31日 23:45  カテゴリ:教室日記

武道の礼法

武道は「礼に始まり礼に終わる」


剣道の稽古は稽古して頂いた相手に対して


敬意をはらい、礼法 所作法をしっかりと稽古します。


礼法は小笠原流からきてます。


立ち方座りかた「左座右起」

座り方「起去」をする事。


礼をする角度



初心者うちはしっかりと覚えるまで何度も稽古します。


素振りより、足さばきより、「礼法 所作法」に重きをおいて。








  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年10月28日 23:43  カテゴリ:教室日記

今日は杜若高

今日は杜若高校での稽古です。

前回お邪魔した土橋剣友会の先生が来て下さいました。

こども達はいつもと違った雰囲気を感じとり(^^;

どこか緊張した様子。.。o○

私しは 心の中でニッコリ「良いことだ」




先生にも初心者組の指導をして頂きました。

皆 緊張した様子。

でも、頑張って稽古してました。





私は、竹刀組です。
今日も元気いっぱい(^.^)



そして

体験期間が終わり、11月から入部が決まりました。


小学3年男子 中学1年男子 の2名です。


成礼心の仲間が増えましたよ。(^.^)


これも、皆が一生懸命取り組む姿勢が良いから

巡りめぐって人が集まるのです(^.^)


こんな話しをして終わりました。


次は 仲間が増えた状態でスタートです。


名前間違えないように (^o^;)






  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年10月26日 23:34  カテゴリ:教室日記

竹刀の手入れと胴着袴のたたみ方


毎年恒例の「竹刀手入れと胴着袴のたたみ方」

をやりました。(^_^)

出席率も良好

現在では、稽古着はジャージ素材やテトロン素材

お母さんに嬉しい、乾きやすくシワになりにくい(^.^)

袴たたみに時間かかり、帯結びを綺麗にやる子

そうでない子といました。

竹刀手入れでは、得意げに分解は素早くやってましたが、削りをしたり組み立てに手こずる子もいたりと、

全体を観ながら、楽しんでいる私し (^_^)


又 来年もやろう!

そのうち 皆上手くなるでしょう (^.^)











  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)

2018年10月21日 23:32  カテゴリ:教室日記

全員出席


今日も全員出席!(^_^)

夕方から涼しく足元少し寒かったですが

この季節が一番稽古しやすい季節なんです。

暑くなく寒くもなく汗も程よい (^.^)

私は中学生男子女子と稽古やらせてもらいました。

昨日の練習試合の効果で皆動きがいい!

なかなか腕をあげてます。

やっと剣道が解ってきた感じね (^_^)

これからも楽しみです。

前半は初心者竹刀組を指導しました。

小学生なので保育園児と違って恥ずかしそう

頑張って声だそうね。

今日の様子です。


<初心者竹刀組>


<保育園組 経験者竹刀組>


  


Posted by 田之上 ゆり子 │コメント(0)